最近はメロンソーダよりドデカミン

メロンソーダ様はいつでも貴方の心の中に・・・

む~ん(笑)

近況かとおもった?残念!感想だよ!
CxgtMpfUQAEejlg.jpg
そんなわけで今がアツいポケモンサンムーンを買いました。ていうか予約開始から買ってた。
今作は!!!!!!!!!!!!念願の!!!!!!!!!!!!アートブックもほしくて!!!!!!!!!!!ポケモンに贅沢したくて!!!!!!!!!!ダブルパックとピカチュウ3DSどっちもかいました。やったぜ。
うwaaaaaaフィギュアペラい!とかuwaaaaaaaアートブックつくりこみすげえ!とかもう涙ちょちょぎれそう。
とりあえず昨日殿堂入りしたのでざっとやったネタバレ有り感想を。まだサンしかやってないけど。
つづきに収納してます。


とりあえず今作一番の人気であろうこの曲もお供え

・システム
今作はシステムがガラっとかわっており、たとえばジムが試練というシステムになっており、
ジムリーダー的ポジションが大試練戦といったかんじになっています。
試練では主に野生のヌシそのままのいみでのヌシポケモンとたたかうのですがこれがつよい。一回りでかいうえに変なバフをまとってでくるや否や、仲間を呼んで実質2vs1なのもあってすごい苦戦を強いられた戦闘が多いです。
で、それが終わるとジムリ的ポジションの島キング・クイーンとの戦いになるわけで。
とにかくまあ水以外選ぶとかなり苦戦強いられるのが今作の特徴だといっても過言ではないでしょう。
今まで一匹育てておけば十分だった面も、今回はいくつかのタイプを平等にそだてて・・・という何年かぶりにこんな遊び方をしてました。たのしかった。
しかもそのへんのモブトレや野生のポケモンですら油断すると詰みそうになるくらいで。ほんとに難易度の高さが今までと比べ物にならない印象でした。
あとひでんマシンもなくなり、かわりにライドポケモンといってポケモンに乗るシステムだったのですが、これのケンタロスがかなりはやいせいか、今回は自転車はありませんでした。何気にこれも新しいところ。
ジムバッヂの役割もZクリスタルが兼ねている感じで、斬新さがとにかく目立つ作品です。
従来のポケモンをやったことあっても久々にやろうかなーって思ったらこれを手にとってみてもいいかもしれないという感じでした。

・グラフィック
今作は3Dなのは勿論、完全にその辺のRPGと大差ない立体化がなされており、特に注目するのは人物が完全にイラスト基準の等身、8頭身とか6頭身になったとこ、ポケモンと人の大きさがリアルになってるところとか、建物や町や道などの人物以外のモデルもそれにあわせた大きさになってるのも同じ3D作品のXYと比べても全然違うところでした。
また、トレーナーが戦闘中うつるようになり、ちゃんと指示するモーションがついたりとかボール投げるところがみえたり変更できたりとか。ポケモンの世界観が大好きなファンにとっては願ったりかなったりな要素がふんだんです。
3Dのつくりの荒さが目立つ面がたびたびあるのですが、その立体化の影響とかマップのデータが想像以上におおきくなってしまったとかの開発者インタビューみたいなのをどっかでみたのでこの荒さはしょうがないかなーと思ってるところはあります。
ただ、巷では、任天堂の次世代機、スイッチでサンムーンのマイナーチェンジ版のスターズがでるとか開発中とかのうわさなので、そっちで大幅にグラフィックが向上するともあるらしいのでもう今からちょっとそっちにかなり期待しています。

・キャラ
かわいい。の一言に尽きる。
従来のポケモンと違ってほんとキャラ同士の絡みが濃いといいますか。
最初の町以外が田舎っぽいことも相まって、全体的にすごく古風なキャラが多い印象。
それでも従来ではみられなかった人物やジムリポジの人同士の絡みがかなり多く、あーー世界ってかんじでした。
キャラだと今回はヒロインポジだったリーリエちゃん!もうあれは発売前から一目ぼれだったのですが、ゲームをやって更に好きになりました。ポケモンNPCの中だと一番好きなキャラかも。
最初から最後までどっぷり関ってくるのですが、その成長のめまぐるしさやら。もう主人公でいいんじゃないかな・・・・とまでいわれる始末なわけですが、あの活躍はどうあがいてもヒロインポジのままだと思っています。かわいい。泣く。
あと主人公も終始表情かわらないのが多くて怖っってなるところが多かったのですが、それを除いて髪型が今回このみなパターンがおおくてホクホクでした。
服も最初からいっぱいあるのですが、高い。服かって金欠なんてザラなのですが、今回はXYと違いバトルシャトーみたいな稼げる場所がありません。
そのせいで金欠島巡り俺らがあふれかえってるのも特徴であり一興。おそるべし服の魅力
あとルザミーネとグズマが救いようのない人物なかんじだったのですが、この二人ほんとに嫌いになれない魅力があります。
悪の組織初女ボスってこともあり、ルザミーネのカリスマぶりはとても大好きです。期待を裏切らない性格をしてて良い悪役だったと思います。
とはいえ、エーテル財団自体完全に悪の組織というわけではなく、一連の事件を解決したあとは元どうりに。
これはグラジオおにーちゃんの功績なんだろうなあとは思いつつも、この完全に悪ではない上層部のせいだったっていう腐れ組織によくあるパターンなかんじで、そこもポケモンでははじめてみるかんじでした。なによりもなんだかんだでかなり怪しくみえたビッケさんが一番の良心だったというのもなんか以外でした。よくもわるくも人間らしいキャラがおおかったです。
リーリエちゃんがシロナさんなみに仕事させられるキャラになるなら大歓迎なのですが、同時にルザミーネとグラジオもその後が見られるときがあるといいなーっとおもっています。

・BGM
今作ほんといい曲多いんですよ・・・・。どれも聞きやすくどれも良い。
最初にはった島キング・クイーン戦に次いでグラジオ戦とルザミーネ初戦、ハウ戦のBGMが大好きです。
島キング戦は最初のおもっくるしいかんじからの転調で底抜けに明るくお祭りなかんじがとても大好き。
メロディーもちょっと切ないかんじもあれどワクワクが収まらないような。
ほんとこれがチャンピオン戦BGMでもいいんじゃないかってかんじの、とってもいい曲です。
そのチャンピオン戦というべき曲はまた違った意味と感覚がみてとれてすごく良い曲です。
グラジオ戦も発売前の紹介動画で一耳ぼれといいますか。してるのでいわずもがなってかんじのめっちゃかっこいい曲です。
ルザミーネ曲はほんと今までにない女性ボスらしい重さとカリスマを兼ね備えてる感じのかっこいい曲です。イイ・・・
シロナさんと似通った雰囲気もあるのですが、あっちとは違う、狂った感じの雰囲気がとてもいい味でてます。
とういかルザミーネだと関連してエーテル財団戦闘曲もすごくいいです。代表ルザミーネの影響か、オシャレかつ重くかつかっこいいといった印象。
おすすめしてる中だとあとはハウの曲。
ハウくんほんとにキャラが一貫してて大物感がはんぱないのですが、この曲がそれをよりいっそう際立たせるといいますか。
陽気さととにかく本人のたのしいかんじが曲にもよくでており、サビ部分のメロディーと相まって元気になれるとても好きな曲です。
ただ回復してくれるのはいいけど唐突な戦闘やめてwwwwwwwってかんじののろいもこもってます。
あとはUB戦もかなりいいです。よくわからないものと戦ってるかんじがひしひしと伝わってきます。

・ストーリー
今回ほんとストーリーもかなりこってまして。
発売前情報で伝説の影うすくない・・・・大丈夫・・・?っておもってたけど杞憂でした。めっちゃがっつり関ってる。
UBもどうかかわってくるんだ・・・とおもってましたがこれもなかなか面白い感じのやつらでした。
色々と人物とのかかわりがうわさされていたのですがそんなことは全くなく、ほんとに未知の生命体ってかんじがすごいです。
でもそれも伝説を通してそうでもなくみえる部分もあるというかなんというか。
スカル団がほんとにただのチンピラでかませなのには笑いました。でもそのへんはグズマさんのキャラ性にすごく合っていまして。
スカル団の根城にいったときのこれげんじつでよくみるって感じがすごかったです。
カプ系もちゃんと影うすいってことはなく、みんなそれぞれのキャラ性を保ちつついいかんじにストーリーに関ってきてました。
こういうストーリーだとほんとBW2みたいな続編がみたいなーってなるんですけどねー!スターズでなんかないかなー!
あとEDの絵もたまりませんでした。リーリエちゃんとほしぐもちゃんがおでこしてる写真とその後の最初旅たつときに3人でとった写真がでてくるとかほんま号泣モンですよ。
しかもあそこちゃんと最初選んだ主人公のカラーパターン用意してあるんでしょうし・・・たまげたなぁ・・・
主人公が初代チャンピオンっていうのも20周年らしいかんじでああこのグリーン気分いいな・・・ってなります。そそくさと椅子にすわる主人公がちょっとお茶目。
続編みたいなのが是非でてほしいのとみたい!ってなる作品ですほんと。

総合的な感想として今回のポケモンは神作だ・・・といっても過言ではないでしょう。
殿堂入り後のやりこみも充実しており、難易度もなかなかゲームらしい鬼畜さ。ディレクターがルビサファの大森さんなだけあって一味違うところがいっぱいありつつもうまくまとまっておりとてもよかったです。
ただニャビーが立ったことだけはゆるさないからな・・・・・

そんなサンムーン感想でした。ポケモンやろう!!!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

Comment

Add your comment